「プロジェクト演習合同成果発表会」ご一緒しませんか? (情報学部 情報システム学科卒業 木崎悟)

本年度会員になりました木崎と申します。
私が卒業したころはありませんでしたが、年1回、情報学部情報システム学科のプロジェクト演習 合同成果発表会を実施しております。
誰でも参加でき、発表の見学ができます。

私自身も講師をする前は知りませんでしたが、卒業生(特に情報システム学科)の交流の機会としてイベントに合わせて企画等実施できればよい気がしております。
1人で行く予定ですが、寂しいので誰かいれば合流して行ってもよいかと思ってます。

本年度は以下のように決まっております。
2018年12月15日(土) 10:30~14:30
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/proen/about/abstract2018

文教大学公式:
http://www.bunkyo.ac.jp/news/event/20181129-04.html

よろしくお願いします。

(情報学部情報システム学科卒業 木崎悟)

「Radioカサブランカの会」で 朗読会を開催します(平松小百合)

この度、かつてのアナウンサー仲間と立ち上げた
「Radioカサブランカの会」で
朗読会を開催する運びとなりました。

2018年9月1日(土)開演・14:00(13:30開場)
場所 東京ガーデンパレス ホワイトチャペル
チケット 2000円(ラウンジのコヒー券付き)

> チラシ(pdf)

(情報学部卒業 平松小百合)

ひとり芝居「樋口一葉 二十歳のとき」を上演します (奥山眞佐子)

私は、五千円札の肖像の人・樋口一葉の小説を語り継ぐ活動を始めまして21年になります。
今年の作品「樋口一葉の世界2018・奥山眞佐子ひとり芝居」は、樋口一葉が、20歳の時に書き下ろした初恋のお話「闇桜(やみざくら)」「たま襷(だすき)」「五月雨(さみだれ)」の三作品を構成した舞台です。

>> チラシ(pdf)

【一幕目】
20歳の樋口奈津(一葉)が、小説の師・半井桃水主催の雑誌「武蔵野」に発表した「闇桜」
と「たま襷」を妹の邦子に語り聞かせます。邦子は、内藤眞代の琴の音が演じます。

【二幕目】
常磐津和英太夫の浄瑠璃、常磐津菊与志郎の三味の音と共に幕が上がる「五月雨」は、
富家の娘・梨本優子の恋した人が、乳姉妹で侍女でもある八重が故郷で恋した人だった…
というお話です。優子と八重の思い悩む恋の喜びと不安を、ご自分の初恋と重ね合わせて
お楽しみください。

私は、樋口奈津(一葉)、梨本優子、侍女・八重の三役を演じます
三作品を通しまして一葉小説の根底に流れる「お互いがお互いを思いやる心の美しさ」を
お伝え出来れば幸いです。

場所:東京日本橋三越劇場(0120-03-9354)
日時:10月23日(火)午後3時開演
料金:6,000円(全席指定・税込)

お問合せ:e-mail:info@okuyama104.com
奥山眞佐子ホームページ:http://www.okuyama104.com/

(短期大学部卒業 奥山眞佐子)

NHK BSプレミアム「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」に ビジネス同友会幹事長がコメント役で登場します。

――――――――――
7月8日(日)15:00~16:30
NHK BSプレミアム
http://www4.nhk.or.jp/P4512/2/
――――――――――

「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」は、ビートたけしが日本の芸能史を語り尽くす番組としてNHK BSプレミアムで好評シリーズ化されています。

その第13弾 ON AIRに、ビジネス同友会幹事長の平松恵一郎さんが登場します。

今回のテーマは「司会」とのことで、大橋巨泉さんや久米宏さん、萩本欽一さんといった芸能界の名司会者の歴史をたどっていく内容。

東京ニュース通信社勤務の平松幹事長は、「歴史の古いテレビ雑誌(TVガイド)の元編集長」として、名司会者たちの懐かしい映像とともにテレビの司会者の歴史についてコメントされるそうです。

たけしの語りはもちろん、平松幹事長のコメントも楽しみです!

【ON AIR】
NHK BSプレミアム
7月8日(日)15:00~16:30

【出演】
ビートたけし、所ジョージ、徳光和夫、ビビる大木、高橋真麻

【アナウンサー】
黒崎めぐみ

ぜひご覧ください!!!

画像出典:NHK BS プレミアム