海外支援活動に携わる現役生サークル「Karon(カロン)」を訪問

「タイ語は、習得が難しい言語と言われていますが、それをマスターすることにあえてチャレンジしてみたいです」と語ってくれたのは、松尾航希(まつお・こうき)さん(=写真右)。国際学部国際理解学科3年生で、117人ものメンバーで構成されるサークル「Karon(カロン)」の代表を務めています。

筆者(=写真左)が、業務の関係で参加したスポーツゴミ拾いイベントに文教大学Karonとして参加していたを見かけたことをきっかけにお声かけしました。

松尾さんは千葉県出身。かねてから海外での活動に興味があり、発展途上国を中心に、世界各地で「安心・健全な生活をするための住宅建築を支援する」ことを目的とした国際NGO団体Habitat for Humanity(ハビタット)の文教大学学生支部であるKaronに入りました。

これまでにも、フィジーやフィリピンなどで住宅建築支援に携わった経験が。発展途上国では、住宅建築にショベルカーやクレーン車といった重機を使えないことが多く、マンパワーとして若者が非常に重宝されるのだそうです。

「旅費はどうやって?」などとつい現実的なことを聞いてみると、「1年生の頃は貯蓄もなく、親から借りたりして工面しました。でも今はバイトなどで自分で何とか稼ぎ出しています」と笑顔で。自身も国際学部卒の筆者は、恥ずかしいことに人生44年間未だに海外未経験。若き後輩の行動力に圧巻されます。。。

松尾さんは来年の5月から10カ月、タイで日本語教師の助手として研修に出かける予定です。現地で子供達に日本語を教えるタイ人教師の横で、日本語のネイティブスピーカーとして活躍します。

「将来の夢は?」という問いに松尾さんは、「日本に来る海外の人たちへ様々なサポートをしていけたら、と考えています。Karonでの経験を活かし、NPOのサポートなどにも興味があります」と語りました。

ビジネス同友会で、学生のために何ができるのか、のヒントを探すためにお会いしたつもりが、逆に刺激を受けてしまった今回のMTG。松尾さんの今後のご活躍が楽しみです。

(2018年7月 文教大学湘南キャンパスにて)

【深澤利彰 1998年国際学部卒】

現役文教大生が制作するラジオ番組にOBが参加

2017年8月11日に、文教大学湘南キャンパス内にある文教大学放送部のスタジオにおいて、情報学部メディア表現学科の学生が中心となって制作するラジオ番組「マジックカレッジ」の収録があり、文教大学ビジネス同友会の在校生担当幹事として「文教のOB・OGってどんなことしているの?」をテーマにインタビューを受けました。

番組を制作するのは、メディア表現学科3年の桑原翔(くわはら・しょう)さんと、同じく1年の門馬英絵(もんま・はなえ)さん。それぞれ「クワハラショヴ」「はなねぇ」というラジオネームで活躍しています。

番組では今回、文教OB・OGの実際の声を番組で紹介することを模索していたところ、ビジネス同友会の存在を発見。電子メールによりアプローチをしてきてくれました。

収録中、「今の大学生を見て、自分の時代と変わったと思うことは」という質問がありました。私は、「自分が大学生だった約20年前と今とで劇的に変わったのは通信環境。当時は携帯電話すら普及してなかった時代だった。プライベートでも仕事でも、メールやSNSがいまや連絡手段の中心。便利な反面、人間関係が希薄になりやすくなってしまっているのでと感じることがある」などと返答しました。

桑原さん・門馬さんのご両名も、インタビューの申し入れを下さったときから、学生とは思えない丁寧なやり取りをしてくれ、とても驚くとともに感心しました。これからも多くのリスナーが、彼らの番組を支持してくれることを願ってやみません。

収録の最後にはラジオ番組お決まりの「曲紹介」があり、私からは福山雅治さんのヒット曲「kissして」を挙げました。「どうしてこの曲を?」を問いに「生まれ変わったら福山さんの顔に生まれたいからです」と冗談を飛ばしたときに見せた彼らの笑顔が印象的でした。今後の彼らの活躍が楽しみです。

放送を聴くには、http://fm-smw.jp/radio内にあるバナーより、「湘南マジックウェイブのLISTENボタン」をクリック。神奈川県大磯町・二宮町・中井町エリアでは、FMラジオ放送85.6MHz(メガヘルツ)でも可能です。

放送は早ければ8月14日(月)19〜20時頃とのことです。

【深澤利彰(98年国際学部卒・毎日新聞社)】