キャリア支援課訪問 もうすぐ社会人になる学生のために!

ビジネス同友会(以下、ビズ会)として、湘南校舎の学生たちの役にたちたい。ビズ会が何をすべきかを探るため、同校舎キャリア支援課を訪問しました。

「就職活動を行う上でのマナーや心構え、筆記試験や面接などについては、かなり手厚く学生にレクチャーしています。しかし、社会人になる入り口のところへの指導が充分ではないと考えています」と語るのは、湘南校舎就職委員長を務める山口一美先生(国際学部教授)。

ビズ会はこれに対応するべく、今年10月を目処に、就職活動を終えた学生を対象にした講座へ講師を派遣することを検討することになりました。
ビジネス同友会ではこれまでにも、「社会人へのステップアップ講座」などと題する授業へ講師を派遣してきました。

「就職が決まったのは良いが、ほんとうに社会人としてやっていけるのだろうか…」

「会社の先輩や上司の人たちと、うまく接していけるのだろうか…」

学生からは、そんな漠然とした悩みが寄せられます。これまで講師として派遣されてきたビズ会メンバーも、元々は「新社会人」。自身の経験から、様々なアドバイスをすることができました。

世の中では、「就職活動は売り手市場」と言われています。学生一人当たり平均2社程度の内定が普通にでているのだとか。しかし、いわゆる「大手」と言われる企業など、人気が集中するところでは、その競争率が依然高いままです。また、入社してからも、その会社に馴染めるのかどうか、学生たちの悩みは尽きません。「就活」は決して楽になったという訳ではないようです。

そんな在学生たちのため、ビズ会メンバーの皆様がたのお力と知恵を拝借できればと思います。講師としてオファーが届きましたら、是非ご検討ください。

【湘南校舎在校生担当幹事・深澤利彰(98年国際学部卒)】