第3回キャリアサロン「異業種の収益モデルを徹底研究!」を開催しました。

「異業種の収益モデルを徹底研究!」メーカー、銀行、外資系企業勤務の3名がそれぞれのビジネスを語る。

2016年11月12日(土)、旗の台キャンパスにて第3回キャリアサロンが開催されました。
今回は約20名のOBOGが参加。「異業種の収益モデルを徹底研究!」のテーマのもと、熊倉俊博さん(1994年国際学部国際学科卒 北越紀州製紙株式会社)、五十嵐正理さん(1995年情報学部経営情報学科卒 株式会社神奈川銀行)、玉生孝之さん(2000年情報学部広報学科卒 フィリップ モリス ジャパン合同会社)の3名にご登壇いただきました。
日本を支える製紙メーカー、銀行、外資系企業それぞれの視点から、ご自身のキャリアを取り混ぜてお話をいただくという、たいへん興味深い機会となりました。

<各社の業界情報・収益モデルについて>

熊倉さん:「紙媒体からデジタル化へ移行する中、製紙業界は非常に苦戦している。国内需要は頭打ちのため、北米を中心に東南アジアまで輸出エリアを拡大していることや、カナダのパルプ会社を買収するなど海外展開を進めている。その他、セルロースナノファイバー等の新素材に着手し、収益を上げる新たな手法を模索中」

熊倉俊博さん(1994年国際学部国際学科卒)

熊倉俊博さん(1994年国際学部国際学科卒)

五十嵐さん:「銀行業界はますます統合が進む業界。銀行もこれから変わっていくべきだと思う。たとえば、企業同士を紹介し新しい収益を一緒に考えるマッチング業務等はすでにはじまっており、お金を貸すだけでなく、企業と一緒に儲ける手法を考える新しいビジネスモデルを開拓中」

五十嵐正理さん(1995年情報学部経営情報学科卒)

五十嵐正理さん(1995年情報学部経営情報学科卒)

玉生さん:「たばこ事業は日本国内において法律の規制(値引き販売の禁止)があり、企業にとって安定的な収益を上げる独特のビジネスモデルがある」

玉生孝之さん(2000年情報学部広報学科卒)

玉生孝之さん(2000年情報学部広報学科卒)

<仕事の喜びについて>

熊倉さん:「主力工場が新潟県にあるため、平成16年に発生した中越地震の際、紙を供給できずにとても苦労した。仕事で特にうれしいと感じる時は、商品差異のない紙を、顧客が自分のところから買ってくれることに喜びを感じる」

五十嵐さん:「取引が拡大し、その企業が成長していくことに喜びを感じる。取引先の企業の社長からビジネスの相談など連絡があると、うれしくなる。打ち合わせは夜にまで及ぶときもあるが、その分メリハリをつけるように工夫している」

玉生さん: 「収益の予測をする部署にいた頃は残業が多く深夜帰宅もあったが、つらい仕事でも一緒に乗り越えるポジティブな仲間に恵まれた。また週1回の在宅ワークが認められており、子供が熱を出した時なども家に居ることができ、仕事と家庭とのバランスが取れている」

p1010770

普段なかなか知ることのできないそれぞれの業界の収益モデルや業界事情を、皆様からお聞きいたしました。あっという間に2時間のディスカッションが過ぎ、個別の質問や懐かしい昔話は懇親会、二次会、三次会へと続き、大いに盛り上がりました。

キャリアサロンの良いところは、OBOGのキャリアや仕事や人生の考え方を聞けることはもちろん、初対面のメンバーでも同じ文教卒というつながりで、懇親会が終わるころにはすっかり仲良くなっていることだと思います。まだキャリアサロンに参加したことのない方は、ぜひ次回はお誘いあわせの上、ご参加ください。

(レポート/担当幹事・平田裕子)

平成29年 賀詞交歓会開催のご案内


会員各位

あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、平穏なお正月を迎えておられることと存じます。
本年も同友会活動にご理解を賜りますよう、宜しくお願いいたします。

さて、昨年の本会は、
5月21日、第3回総会パーティ
8月28日、西武スタジアム探訪ツアー
11月12日、第3回キァリアサロン

など、会員の皆さんのご参加を促す催しを開いてまいりました。どれも盛況のうちに大きな反響がありましたが、今年は更にもうひとつ、年頭に新しい集まりの開催を計画しております。

ここに下記要項をご案内いたします。


【文教大学ビジネス同友会 ・平成29年「賀詞交歓会」】開催要項

●趣旨・目的
年頭に当たり、名刺交換や会員紹介・近況報告、プレゼンテーションなど、会員相互の親睦を図り、有益な情報交換の場となる懇親会を開きます。

●日時
平成29年2月10日(金)、18時半開場、19時開宴。

●場所
「レストランアラスカ パレスサイド店」
東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル9F(地下鉄東西線・竹橋駅徒歩1分、神保町駅徒歩7分)
http://xn--ccks4bb7e1jbt0e.jp/palace/access.html

●対象
ビジネス同友会会員と、入会希望在学生(卒業を直前に控えた入社内定4年生)有志。

●参加費
会員 3,500円
在学生 無料招待

あえて、あらかたの新年会も終えた2月に設定いたしました。また、既催の総会やキャリアサロンはその性格上、土日開催ですが、今回は初めて平日夜の時間帯設定を試みてみたいと思います。奮ってご参加の上、これから文教を巣立つ後輩たちへのエールもお願いいたします。

参加ご希望の方は、氏名・卒業年・卒業学科を、下記のメールフォームまたは、事務局あて(bunkyo.bd@gmail.com)にお願いします。

●申込み締め切り 2月7日(火)

【追記】
●本年、第4回の総会パーティーは、平成29年6月3日(土)17~21時、アルカディア市ヶ谷で行われます。
詳細は改めてご案内いたします。

ビジネス同友会会長
竹内 充

参加申し込みフォーム(卒業生用)

在学生の方はこちらのリンク先よりお申し込みください

お名前 (必須)

卒業学部・学科 (必須)

卒業年 (必須)

勤務先(自営業の場合は職種など) (必須)

メールアドレス (必須)

内容(必須)

メッセージ本文

第3回キャリアサロン開催のお知らせ

第3回キャリアサロンの開催が以下のとおり決定しましたのでお知らせします。

日時:2016年11月12日(土)15:00~16:45(14:30受付開始)

場所:文教大学 旗の台キャンパス会議室6
東京都品川区旗の台3-2-17
(大学正門を入ってすぐ右側、南棟4階)
https://www.bunkyo.ac.jp/access/hata.htm

テーマ:異業種の収益モデルを比較研究!(仮)

参加費:無料
(人数:30名前後を想定)

登壇者:
●熊倉俊博さん(北越紀州製紙株式会社・1994年国際学部国際学科卒)
●五十嵐正理さん(株式会社神奈川銀行・1995年情報学部経営情報学科卒)
●玉生孝之さん(フィリップモリスジャパン株式会社・2000年情報学部広報学科卒)

今回は3社全く異なる業界・職種でご活躍されているOBがご登壇。企業の営業、購買、銀行、それぞれの目線から見たお金についてお話しいただきます(予定)。

※サロン後、近隣のお店にて懇親会を行います(自由参加)。
前回好評の食べ放題・飲み放題の中華居酒屋を予定。懇親会では別途参加費(ひとり3000円ほど)をいただきます。

お申込み締切:11月7日(月)

下記フォームまたは bunkyo.bd@gmail.com あてにてお申し込みください。懇親会の参加(参加希望・不参加・検討中)もご記載いただけますと幸いです。

ぜひご参加ください。(担当幹事 平田裕子)

参加申し込みフォーム

お名前 (必須)

卒業学部・学科 (必須)

卒業年 (必須)

勤務先(自営業の場合は職種など) (必須)

メールアドレス (必須)

内容(必須)

メッセージ本文

 

会員紹介 小倉 茂さん(株式会社サンプラネット)

会員紹介001

親会社エーザイの後方支援が中心業務。
小冊子やポスターなどの販促物を企画制作しています。

1小倉さん_1

小倉 茂さん
株式会社サンプラネット勤務

●文学部中国語中国文学科 1993年卒業
●志村和久ゼミ(広域中国学)
●東京都荒川区出身

文字BUSINESS-2

サンプラネットは、チョコラBBでおなじみの製薬会社エーザイのサービス系子会社です。業務はエーザイのサービス支援が中心で、私は営業職として主にセールスプロモーション物の企画制作を担当しています。
具体的には、病院などの医療機関で配布されている小冊子や、ポスター、キャンペーンでの景品といった広告宣伝物を、お客様の要望に沿うように提案して、カタチにします。

子会社とはいえ大手代理店と競合することも多く、企画の実現は容易ではありません。中には半年越しの時間を要するコンペになる場合もありますし、価格や納期など、お客様のご希望に合わせることが最初から難しいケースも多々あります。
そうした問題をどう調整するかも、やりがいの一つ。仕事をする中で出くわすさまざまな課題を、自分だけでなく、社内や協力会社の方々とのセッションによって解決していくところが醍醐味です。

あるエーザイ商品のドラッグストアでの販促展開に関わったときの仕事は、これまでの中でもとくに印象に残っています。それは店頭の演出ディスプレイからキャンペーンの方法など、すべてのディレクションを担うものでした。
規模的にもスケジュール的にも自分一人の力で仕切り切れるものではありません。社内の人をはじめ、関係するあらゆる方の力をお借りしながら、助けられながら、限られた時間の中、ようやくの思いで成し遂げることが出来ました。この時ほど「いい仕事ができた」と思えたことはありません。お客様からも評価をいただき、この上ない満足感を得られました。

こうした仕事をする中で思うのは、仕事というのは自身を成長させる源であるということです。リスクや苦しさがあるからこそ、すべてが自分の成長につながっていると感じています。そして、つねに身の丈に合ったハードルが用意されています。
目の前にあるひとつひとつの仕事に誠実に向き合うことこそ私が大切にしている信条であり、人生に欠かせないものであると確信しています。

勤続20年を超えていま、最近では仕事を通しての部下の成長にも関わるようになり、責任感も充実感もいっそう大きくなってきています。

 

文字BUNKYO LIFE

中国の文化や文学を学ぶ日々。
志村和久先生のゼミで学べたことが財産です。

子どもの頃から書道を続けていたこともあり、そのルーツといえる中国の文化や文学を学ぶため、文学部中国文学科の3期生として文教大学に入りました。文教を選んだ理由は、受験生のころ聞いていた「大学受験ラジオ講座」で、漢文の楽しさを教えてくださった志村和久先生がいらっしゃったからです。
入学したあとは何よりもまっ先に志村先生のもとにかけつけて、ラジオを夢中になって聞いていた旨を先生にお伝えして、懇意にさせていただくようになりました。

志村先生は、自称「材木屋」(=木(気)が多い)というほど、普段はダジャレ好きの朗らかな先生でした。日中文化に精通し、博学かつ多趣味でいらっしゃいました。研究室には書籍のみならず、資料やグッズで溢れていました。
3年次からゼミを選択しますが、志村先生は「広域中国学」と称して、中国にまつわるテーマであれば研究内容を許容するスタンスでした。毎年希望者が殺到するため、あらかじめ条件を設けていましたが、その条件というのも、たとえば志村先生が主宰の「散歩会」に参加すること。「散歩会」では横浜中華街や浅草など訪れたことが思い出されます。

3年次の後半から志村先生の体調が優れず、出講する頻度が激減していました。4年次の卒論進捗確認は毎月1回30分程度でしたが、ゼミ生が必要であろう参考資料を毎回用意いただいて、密度の濃い指導を受けることが出来ました。

残念ながらいまは亡くなられてしまいましたが、志村先生のゼミで学べたことはいまだあせることのない、大きな財産になっています。

サークル活動ではバドミントン部に所属していましたが、いつのまにか幽霊部員となってフェードアウト(笑)。草野球チーム「文教バブルス」に所属したりもしていましたが、あまり熱心ではなく、高校の進路説明会などを企画開催する会社でアルバイトをするなどして大学生活を送っていました。
このアルバイトはたまたま求人情報誌でみつけたのですが、思いもよらず、なかなかにいい経験ができました。というのも…

仕事はアルバイトの学生ごとに日本全国の担当地域が割り振られていて、その中で私は東北エリアを任されることになりました。簡単に言えば、東北各地の高校を訪ね、進路指導主任の先生とお会いして、生徒を対象とした「進路説明会」をやりましょうという提案をひとつひとつ実現しようとするものです。仕事としては進路説明会を実現させるとともに、教材の販売なども含まれてはいるのですが…。

何よりも素敵だったのは、その仕事のために1週間かけて東北地方のいろいろな高校を渡り歩き、交渉するすべてのスケジュールから訪問先から全部を私に一任されていたということです。数十万円のお金をどん!と渡されて、あとは自由、という。いま考えても太っ腹というか、少し変わっていますよね。
このアルバイトを通して、仕事のおもしろさと責任と、何よりも「営業職」の楽しさを知ることが出来たと思っています。やはり私は人が好きであり、人と関わる営業職が好きだったのです。

 

文字PRIVATE

趣味は書道、芸術鑑賞、クラシック音楽。
「銭湯」と「居酒屋巡り」で息抜きをしています。

先にもふれましたが長く書道を続けており、日本書道学院の師範(書号:脩竹)の免許を持っています。実は一時は書の道に進むことも考えていたのですが…身の程を痛感して就職したといういきさつがあります。

文教を卒業して最初に、ある大手メガネチェーンに就職しました。
会社では好きな営業職に就いていたのですが、働きながら、長年培ってきた自らの中の「何か」がどうしても頭をもたげてきてしまっていることにある時気づきました。つまり、「書の道」を捨てきれていなかったのです。
そうなったらもう、矢も楯もたまらず、1年あまりでメガネチェーンを退社。所属している書道会の事務局で事務処理や文献の整理などを手伝いながら、ひたすら「書道三昧の」日々を過ごすことにしました。

「書は人なり」という言葉は広く知られています。古くから、書を人に喩えた言葉が残されておりますが、北宋の書家蘇軾は「書に心・気・骨・肉・血あり」と評しています。
書は書き手の心のありようを写す鏡であり、年を重ねるごとに表情を変えていきます。技術的な「うまさ」が際立った書より、奇をてらわない、ありのままが反映された作品を発表していきたいと、これは当時もいまも変わらず考えています。

「山秀朗」(やましゅうろう)元・袁桷の詩句「山色が美しく、秀でて朗らかである」※行きつけの「饗酒堂 温十条店(東京都北区)」に寄贈

「山秀朗」(やましゅうろう)元・袁桷の詩句「山色が美しく、秀でて朗らかである」※行きつけの「饗酒堂 温十条店(東京都北区)」に寄贈

書道に打ち込んだ生活も1年もすると、世界の厳しさが身にしみいるようになり、再就職を目指すことを余儀なくされるようになりました。新たな職場=サンプラネットに幸運にも救われて、現在に至ります。

ありがたくもサンプラネットでの充実した日々は前述のとおりですが、やはり仕事の合間合間での息抜きは欠かせません。
音楽や芸術が好きなので、休日など、ふだんはクラシック音楽をよく聴きます。世界の小澤征爾さんは子供の頃から好きな指揮者です。また、いつもたくさんの人と接しているため、ときどき「銭湯」に行ってぼーっとしている時間をつくっています。あとはお酒が好きなので、「居酒屋巡り」がこの上ない気分転換になっています。

皆さんとも、仕事を超えた、何らかの形で交流を深められるといいですね。ビジネス同友会のメンバーとの新たな出会いをこの先楽しみにしています。

 

文字FAVORIT ONE

【わたしのイチオシ本】

『踊り候え』鴨居 玲 著

鴨居怜_踊りたまえ

私の好きな画家、鴨居 玲の著作です。大学在学中の頃、鴨居の絵と出会い、陰鬱で暗く重い画風は決して心地のよい絵ではありませんが、見るたびに心を釘付けにされました。

本書『踊り候え』は、スペインでの生活のエピソードや、画家としての生きざまを記したエッセイ集です。絵のタッチとは正反対の、ユーモアにあふれた軽妙な文章で綴られています。鴨居の絵に興味がなくても、気軽に読めるエッセイ集としておすすめします。人生は、かくも味わい深いと、胸にしみいります。

プロ野球の舞台裏に興味津々 夏のキャリアサロン特別版「西武ライオンズ・スタジアム探訪ツアー」開催

プロ野球の舞台裏に迫るキャリアサロン特別企画「西武ライオンズ・スタジアム探訪ツアー」が2016年8月28日午後、西武プリンスドーム(埼玉県所沢市)で開かれました。埼玉西武ライオンズ営業部勤務の栗原一彰さん(2010年、文・英米卒)の力添えで実現し、会員とその家族や友人ら約40人が参加。栗原さんの案内で試合前の球場をつぶさに見た一行からは、そこかしこで驚きの声が上がりました。

今回はバックヤードの見学と、西武対日本ハム23回戦が観戦できる欲張りな企画で、ファンならずとも興味をひかれる内容。はるばる、栃木県足利市から夫婦と息子の3人で参加した会員もいました。この家族は父子ともに情報学部卒業生で、興味津々の他の参加者から質問攻めにあう一幕もありました。

ホスト役を務めてくれた栗原さんは、埼玉県で生まれ育ち小学校から野球に没頭。中学、高校では硬式の白球を追い続けた本格的な野球少年でした。もちろん、西武ライオンズの大ファン。文教大では野球をサークルで楽しみ、就職先には小さい頃から憧れの球団を選びました。栗原さんは「天職です」と公言し、張り切る毎日です。

栗原さん(中央こちら向き)の解説に興味津々の参加者たち

栗原さん(中央こちら向き)の解説に興味津々の参加者たち

この日、参加者は試合開始の約3時間前に集合、栗原さんの解説を聞きながら西武ライオンズの本拠地を“探検”しました。トイレなどの改修に松阪大輔投手の大リーグ・レッドソックスへの移籍金約60億円の一部を充てたこと、昨年は2億円かけて人工芝を野球専用のものに張り替えた話など、興味深い話が続きました。また、シーズンシートやボックスシート、オーナーズ・レストランなど、普段はあまり縁がない高級感あふれる設備や施設には、参加者の間から思わずため息が出ていました。

オーナーズレストランの豪華さにはため息も

オーナーズレストランの豪華さにはため息も

試合前のフリーバッティングの快音が響く球場内を見て回るツアーは、アッという間の出来事で、みんな大満足の「研修」になりました。

なお、この日の試合は接戦の末、4―3で西武が勝利。西武は日本ハム2点リードの6回1死1、3塁でメヒアのリーグトップに並ぶ30号3ランホームランで逆転。8回にも1点を加え、逃げ切りました。「二刀流」で注目の日本ハム・大谷選手は3番・DHで先発し4回表に鋭い右前安打。9回には日本ハム・中田のバックスクリーン右にライナーで飛び込む、目の覚めるようなホームランも目の当たりにできて、大満足の企画になりました。

フリー打撃を見ながら栗原さん(右)の説明に聞き入る

フリー打撃を見ながら栗原さん(右)の説明に聞き入る