平成31年 賀詞交歓会を開催しました。

参加者相互にとって
いっそうのリレーション構築の場に

2月1日(金)、毎日新聞社内「レストランアラスカ パレスサイド店」(東京都千代田区一ツ橋)にて、平成31年「賀詞交歓会」が開催されました。

1976年の卒業生から2017年の卒業生までの24名が参加。
一人ひとりが順番にマイクを持って自身の近況などを語る時間をはさみ、お久しぶりの方、はじめましての方、それぞれが親睦を深めました。

会員どうしの新たなリレーションも着々と築かれています。

<公演情報> 朗読劇「今日、ここのへに咲く。」(日本語日本文学科卒業 鈴木千尋)

2019年2月1日(金)~3日(日)に学芸大学駅最寄りにて脚本と演出を担当させていただいた舞台がございます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

(文学部卒業 鈴木千尋)

【公演情報】
朗読劇「今日、ここのへに咲く。」
https://www.facebook.com/kyoukokonoenisaku/

【Date】
2019.2.1(Fri)・2(Sat)・3(Sun)

【Place】
Cherokee LIVE TAVERN
(東京都目黒区鷹番2-19-17 学芸大学駅)

【Timetable】
2/1 (金) 14:00~ / 17:00~ / 19:30~
2/2 (土) 11:00~ / 14:00~ / 17:00~/ 19:30~
2/3 (日) 11:00~ / 14:00~ / 17:00~

【Story】
1889年、明治21年の京都。同志社を立ち上げた夫・新島襄と教育に邁進する新島八重。慌ただしいながらも穏やかに満ち足りた時を送っていました。
そんな時、襄は1通の手紙をみつけます。八重のかつての夫・川崎尚之助からの―。
振り返る戊辰戦争の記憶、離縁の理由、亡くなった八重の弟のこと。自分に残された時間の幕引きが迫ることを悟る中、接した手紙に触発され彼もまた最愛の妻に積もる想いを込めペンをとります。
幕末のジャンヌダルク、会津の巴御前、ハンサムガール、女子教育の祖、篤志看護婦―
才媛の代表格とも言える時代を先駆ける華々しい活躍の裏で蔓延る悪評の理由とは?
当時ここまで強く批判を受け続けた「八重」とは本当はどんな人物だったのか―。
これは彼女のそんな一面のひとつ、であったかもしれないお話。

【Cast】
高野愛 田中怜子 (Wキャスト)
戸塚丈太郎
MitNak 加藤寛規 嵜本正和 佐藤晴男

【Staff】
脚本・演出 鈴城 千尋
音楽・ピアノ演奏 Majonna
広報用スチール撮影 Syuhei Inoue
ゲネプロスチール撮影 朽木 夢
トレーラー 近藤 央希
撮影・編集 クリエイティブスタジオ ゲツクロ
デザイン・美術 SHIMA ART & DESIGN STUDIO
企画・制作 ring’s

【Ticket & Cloudfunding】
https://readyfor.jp/projects/kyoukokonoenisaku
3,500円

上記からの購入で500円引き、大学生以下は学生証等の提示で当日受付にて更に500円返金。
福島県・京都府高校生・大学生に対し、旅費・チケットを負担して招待する、学生支援のためのクラウドファンディングでもあります。
他のリターン品もぜひご覧ください、よろしくお願い申し上げます。

※先日公演に関してご取材をいただきました。
https://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/071000050/011800029/

平成31年 賀詞交歓会を開催します。

会員各位

あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては、新たな気持ちで始動されていることと存じます。
本年も同友会活動にご理解を賜りますよう、宜しくお願いいたします。

さて、ご案内が遅くなりましたが、平成最後の「賀詞交歓会」を催したいと思います。

下記要項に沿ってご参集願います。

ビジネス同友会会長
竹内充

文教大学ビジネス同友会 ・平成31年「賀詞交歓会」開催要項

●趣旨・目的
年頭に当たり、名刺交換や会員紹介・近況報告、プレゼンテーションなど、会員相互の親睦を図り、有益な情報交換の場となる懇親会を開きます。

●日時
平成31年2月1日(金)、18時半開場、19時開宴。

●場所
「レストランアラスカ パレスサイド店」
東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル9F(地下鉄東西線・竹橋駅徒歩1分、神保町駅徒歩7分
http://xn--ccks4bb7e1jbt0e.jp/palace/access.html

●対象
ビジネス同友会会員と、入会希望在学生(卒業を直前に控えた入社内定4年生)有志。

●参加費
会員 3,500円
在学生 無料招待

あえて、あらかたの新年会も終えた2月に設定いたしました。

また、既催の総会やキャリアサロンはその性格上、土日開催ですが、今回は平日夜の時間帯設定です。

奮ってご参加の上、これから文教を巣立つ後輩たちへのエールもお願いいたします。

参加ご希望の方は、氏名・卒業年・卒業学部学科を明記の上、事務局宛(bunkyo.bd@gmail.com)にお申し込みください。

●申込み締め切り 1月31日(木曜日)

>> 前回の様子はこちら

―― 下記フォームからもお申込みできます ――

>> 会員・卒業生用

>> 在学生用

【追記】
●本年、第6回の総会パーティーは、例年の6月から9月に変更しての開催になります。
詳細は改めてご案内いたします。

在学生のための就職活動支援講座「OBOGと話そう」に会長と幹事が登壇

在学生のための就職活動支援講座「OBOGと話そう」が、湘南校舎キャリア支援課主催のもと、2018年12月12日(水)に開かれました。ビジネス同友会からは竹内充会長の他、鈴木六二三、深澤利彰両幹事の計3人が講師として参加しました。

参加した学生からは、「自己PRを考えるコツが知りたい」「企業は、育成しやすいタイプと、即戦力になるタイプのどちらを採用しようと考えるのか」「入りたい会社の休日や勤務形態を知りたい場合は、どのように確認するのが良いか」など、様々な質問が寄せられました。

3人の講師からは、「就職活動において「新卒」と見られる一度きりのタイミングは大切に」(竹内会長)、「転職が一般的になりつつある。でも、転職するために、先ずは入った会社をきちんと捉えることが重要」(鈴木幹事)、「『これだけは負けない』という何かを前面に出すこと。学業はもちろん、大学時代のアルバイトだって良い」(深澤幹事)などというアドバイスが出されました。

終了後、学生からよせられたアンケートには、「1の質問に対して10で返して下さってとても充実した時間でした」「OBOGの方に、気軽に質問ができて良かった」との記述が。「売り手市場」と言われ、かつてに比べると内定が出やすい就職活動と言われていますが、やはり初めて就職活動をする学生たちにとって不安はつきもの。ビジネス同友会は今後とも、彼らの不安を払拭できるよう活動していきます。

(1998年国際学部卒 深澤利彰)

「プロジェクト演習合同成果発表会」ご一緒しませんか? (情報学部 情報システム学科卒業 木崎悟)

本年度会員になりました木崎と申します。
私が卒業したころはありませんでしたが、年1回、情報学部情報システム学科のプロジェクト演習 合同成果発表会を実施しております。
誰でも参加でき、発表の見学ができます。

私自身も講師をする前は知りませんでしたが、卒業生(特に情報システム学科)の交流の機会としてイベントに合わせて企画等実施できればよい気がしております。
1人で行く予定ですが、寂しいので誰かいれば合流して行ってもよいかと思ってます。

本年度は以下のように決まっております。
2018年12月15日(土) 10:30~14:30
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/proen/about/abstract2018

文教大学公式:
http://www.bunkyo.ac.jp/news/event/20181129-04.html

よろしくお願いします。

(情報学部情報システム学科卒業 木崎悟)